オートテスト

えべドリっ!秋のイベントと言えば「オートテスト」

 そもそも、オートテストとはすぐに参加できるモータースポーツの超入門競技で、低速度でバックギアも使いながら行う。

 日本では2015年に初めてJAFの公認競技となった新しい競技で、パイロン等で設定した決められたコースをはしてタイムを競う点はジムカーナと変わらないものの、ジムカーナのように覚えるのが大変なコース設定ではなく、誰でもあまり間違わずに走れるように設定されている。また、2本のパイロンの間をバックで通過するとか、前輪2本だけを通過する。と言った設定もあったり、必ずしもゴールしたタイムが早い者が勝者とは限らない大会もあったりと、単純に速い人や速い自動車が有利というものではなく、その操縦技術の正確さを競う要素が強い。
 速度があまり出ないので、安全性が高く、ヘルメットも不要。自動車も普段乗っている自動車でOKで、オートマ車でももちろん良いですし、消火器やロールバーのような特別な装備も不要。車検が通るナンバー付きの自動車であれば参加できる大変お気軽な競技となっている。

 また、これらの特徴から、車を破損したり傷をつけてしまったりするリスクも大変低く、自慢の装備やラッピングを走行しながら見てもらったり、メディアに撮影なんてこともあって、話題になること間違いなし! えべドリっ!ではこの大会を「JAF北海道地域クラブ協議会シリーズ」と題して開催するものの、併催としてビギナーや運転自体が初心者の方などが参加できるクラスも設定されており、日頃のドライブやお買い物、街乗り走行にも役立つ運転技術が身に付く他、運転技能の腕試しとしてお役立ていただけるイベントとなっている。  

このエントリーをはてなブックマークに追加